静岡で木造の家を建てるなら 外断熱 ・注文住宅・自然素材・省エネ・長期優良住宅・ソーラーサーキットの大功建設の家
外断熱の大功の家 ロゴ写真

line985.gif
space5pix.jpg

BeParti.jpg
space3pix.gif

space5pix.jpg
国産材・県産材の利用
静岡県で生まれ育った人は、静岡県が一番住みやす富士山背景用1000.jpgいと思うのと同じように、数十年単位でその土地の気候・風土に順応した木材を使用したほうが、家にとって良いと思いませんか?外国産で、シロアリに強く腐りづらいと言われていても、日本のような多湿の国では必ずしもそうとは限りません。県内産もしくは国産の木材を使い、日本の建築手法で建てた方が、家にとっても住む人にとっても一番良いと思います。高温多湿の環境で長年生き続けている木には、この環境への耐性が備わっているため、耐久性に優れた木材となるのです。また、国産材を利用することで、ssSGEC認証材使用建築物証明書1.jpg林業が活性化され、治水機能が保たれ、二酸化炭素の吸収機能を持つ森林の増加にも繋がります。山を生かし、次世代に受け継ごうという想いは、山と家づくりに関わる全ての人々の結びつきを強めています。林業・製材所・流通関係・工務店が一体となって家づくりを進めて行きたい思いから、SGECの森林認証システムを採用しております。
このSGECの森林認証システムにより、家で使用される柱や土台の産地(どこの山のどのエリア)が特定され、証明書が発行されます。また、木々が育っている山に行き、伐採の見学や植林も体験することが出来ます。お子様の代まで家を引き継いで頂きたいので、家族の皆様で木にふれあい、考えてみませんか?

SGECとは?
SGEC「緑の循環」認証会議とは
森林認証制度とは、1980年代の熱帯林の急激な破壊問題に端を発し「持続可能な森林経営から生産された木材」p1.jpg
ということを保証する制度として誕生しました。世界的に推薦されている持続可能な森林経営の考え方をもSGEC.gifとに、
日本の現状にあわせて2003年6月創設発起人による設立総会が開催され『緑の循環』認証会議
( Sustainable Green Ecosystem Council:略称SGEC )が発足しました。

国産認証材利用促進協議会とは
国産認証材利用促進協議会は、SGEC認定事業体の中から消費者に向けて積極的に働きかけるために集まった
団体で、2007年7月31日に初代会長として中尾会長が選任されました。p2.jpg
同協議会は国産認証材の積極的活用により、
①国産材を使った健康住宅(シックハウス対策)、
②環境対策:森林活性によるCO2削減に寄与すること、
③持続可能な森林経営を実現することを目的とし、
会員事業体のネットワークにより各種の交流、普及活動を行っています。
同協議会は正会員(31事業体 2007.3現在)及びSGECの普及を支援する金融機関等からなる特別会員、
賛助会員により構成され、「緑の循環認証会議(SGEC)」からも関連協力団体として認められています。

○SGEC「緑の循環」認証会議について詳しくはLinkIconコチラをご覧下さい。

●無垢の木のこだわり
大功の家では、床板はもちろん窓枠から巾木まで無垢の木を大工さんが加工して使用しています。DSC_6462.jpg一部に木の模様をプリントした製品を使用すると異様に目を引き、肌触りもベタベタと冷たく感じます。無垢の木であれば物がぶつかってもへこむだけですが、プリント製品ではシールが剥がれ、取り返しが付きません。更に窓枠などに使用すると、数年で紫外線の影響でふやけてきます。
無垢の木を使った大功の家は、完成時を「100%」とした時に、110%、120%と年々木の風合いが増して良くなって行くのに対し、プリント製品は、90%、80%と上がる事はありません。
無垢の木の変化を楽しみながら、家への愛着も深めていって頂きたいと思います。

構造のこだわり 〈長期優良住宅の基準+αのこだわり
大功の家では、構造躯体に対して独自の基準を設け、より良い住み心地を得られるようにこだわっている部分が幾つもあります。
1 構造用の土台・柱は全て4寸(12cm)以上の桧(SGEC認証材)を使用
2 基礎の立ち上がり幅を15cm以上確保(外周部は18cm以上確保)
3 コンクリートの設計基準強度は30N/c㎡
4 構造用金物は、Zマーク及びZマーク同等以上の金物を使用
5 ボルト接合箇所は全て耐震用座金タイトニックを使用
6 断熱方法はポリスチレンフォームの外断熱工法(グラスウールは、断熱材として絶対に使用しない)
7 サッシは樹脂サッシ+遮熱高断熱複層ペアガラスを使用(準防火地域は除く)

自然素材へのこだわり
大功の家の構造体には無垢の木が多く使われているので、仕上げ材に化学成分を多く含んだものを使用してしまうと、
無垢の木の良さが半減してしまいます。そこで大功の家では、地球環境と健康に配慮した厳選された素材を使用しております。

DSC_1079オガファーザー.jpg
space1pix.gif
オガファーザー 
ウッドチップを漉き込んだ壁紙
オガファーザーは、健康的で環境にやさしいウッドチップ(間伐材木片)と再生紙から出来ています。オガファーザーは塗料下地ですが、オガファーザーを貼っただけで済ませる方もたくさんいらっしゃいます。意匠性に溢れ野趣に富んだ壁面として選択いただけます。
LinkIcon詳しく続きを読む

カルクウォール.jpg
space1pix.gif
天然スイス漆喰カルクウォール
白壁の家あきらめていませんか?
古代ギリシャやエジプト、そしてローマ帝国の時代より、漆喰は最も優れた建築材料として数千年前から使われてきました。そんな漆喰の中でも、特別なスイスの地層から産出した石灰を使い、大量の石灰石を入れた天然成分100%のスイス漆喰が「カルクウォール」です。
LinkIcon詳しく続きを読む

バビスタンプ.jpg
space1pix.gif
スペイン天然西洋漆喰パビスタンプ
低コストで実現する天然漆喰の世界
ビスタンプはヨーロッパ中世から脈々と伝わる独創的な西洋漆喰で、多くのヨーロッパ住宅で使われています。カルクウォール同様に100年以上もの耐久性があり、メンテナンスも殆どいりません。
LinkIcon詳しく続きを読む

リボス塗料.jpg
space1pix.gif
リボス自然健康塗料
アレルギー対応の自然塗料です
リボスは「健康に害のある成分は、天然物でも使用しない」というコンセプトを貫き、アレルギーに対応した塗料の開発に成功しました。リボスは“自然塗料”をアレルギーに対応した“自然健康塗料”へと進化・向上させたのです。
LinkIcon詳しく続きを読む

space3pix.gif

OSMO.jpg
spacer.png
オスモカラー
違いは「油」です
オスモカラーには高度な技術で品質の高い油に精製した、ひまわり油、大豆油、アザミ油が使われています。内装用のオスモカラーは、ヨーロッパの玩具安全基準に合格しており、幼児向け玩具や遊具、家具の塗装に使われています。
LinkIcon詳しく続きを読む

森林.jpg
spacer.png
無垢材 
大功の家で使用する主な無垢材
私達が使用する高品質無垢材は、主にヒノキ・スギ・カラマツがあり、それぞれの木の性質・特性・を見極め建築の際の各部位ごとに使い分けて使用します。
LinkIcon詳しく続きを読む

ガルバup.jpg
spacer.png
ガルバリウム鋼
軽量で耐久性・加工性・熱反射性に優れた鋼板。
ガルバリウム鋼板はアルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%から成るアルミ亜鉛合金めっき鋼板で、もちろん屋根材としてもお勧めできる材料です。
LinkIcon詳しく続きを読む

DSC_0980.JPG
spacer.png
大功オリジナル家具
あなたの家にジャストフィットの
オーダーメイド家具。
家に取り付けられるオリジナル家具は、全て無垢板(赤松集成板)を使用しており、サイズはもちろん全てオーダーメイドです。
LinkIcon詳しく続きを読む


ECOへのこだわり 環境負荷を低減する取り組みのご提案DSC_1051.JPG
●スカイライトチューブ ~ランニングコスト「ゼロ」のエネルギーの活用~
近年、環境問題がクローズアップされている中、自然エネルギーの利用拡大が注目されています。中でも太陽エネルギーに関しては、晴れた場合10万ルクスの明るさがあると言われています。このエネルギーを利用して発電する太陽光発電は良く知られたところですが、この光を直接「あかり」として利用できれば、まさに究極の省エネが実現します。それを可能にするのが「スカイライトチューブ」です。環境にやさしく、時代のニーズに対応した、まさに画期的なシステムです。静岡県ではスカイライトチューブを当社が最初に取り付けました。
○スカイライトチューブについて詳しくはLinkIconコチラをご覧下さい。

●太陽光発電システム ~無尽蔵のクリーンエネルギー~太陽光&スカイライト.jpg
大功の家のベースとなっている「ソーラーサーキット」という言葉を聞くと、屋根の上にソーラーパネルが設置されている家だと、誤解されるお客様がいらっしゃいます。ソーラーサーキットの「ソーラー」とは、「自然な」という意味ですので、ソーラーパネルは必ず設置しなければならないものではありませんが、設置されるお客様は増えております。

太陽光.jpg太陽光発電システムの仕組みは、屋根などに設置された太陽電池モジュールに太陽光が当たると発電します。この電気は直流の為、家庭で使用できる交流にパワーコンディショナーを使って変換します。パワーコンディショナーから家庭の分電盤に接続し、自動的に電気を買ったり売ったりできるという仕組みです。

太陽光パネルを設置する屋根の方位や角度、周辺の障害物(建物や電柱など)の影、パネル面の汚れなどで発電効率は変わってきます。また、屋根の材質によってもお勧めできるメーカーは変わってきます。どのメーカーが良いのか、お問い合わせがあるのですが、立地条件によって異なる場合がありますので、メーカーを特定することはありません。

●雨水貯留タンク ~節水しながら防災を~DSCN4154.JPG
雨水貯留タンクとは、雨水を貯めるタンクで、雨樋を通じて屋根に降った雨水を集水するものです。タンクの容量も小さなものから大きなものまで様々あり、意匠性に配慮した商品もあります。雨水貯留タンクを設置することで色々なメリットがあります。タンクに溜まった水で庭の水遣りに使ったり、掃除や洗車に使えばかなりの節水になります。また、災害時には飲み水には難しいかもしれませんが、トイレの水として使ったり、食器の下洗いとしても利用できます。微力ながら都市型水害の防止策にもなるかもしれません。
自治体によっては設置する容量などの基準を満たせは補助金を助成してくれるところもありますので、設置前には各自治体にお問い合わせください。

ページの先頭へ

contents.jpg

space3pix.gif
colorbar_red.jpg



colorbar_Green.jpg






colorbar_navy.jpg





colorbar_Green.jpg



colorbar_red.jpg




document.jpg

space1pix.gif
〈資料請求をご希望の方は
外断熱の大功建設 資料請求 カタログ写真
大功の家パンフレットご希望の方は
コチラのフォームより、お気軽に
お問い合わせ下さい。