静岡で木造の家を建てるなら 外断熱 ・注文住宅・自然素材・省エネ・長期優良住宅・ソーラーサーキットの大功建設の家
外断熱の大功の家 ロゴ写真

line985.gif
space5pix.jpg

SC.jpg
space3pix.gif

space5pix.jpg
外断熱・二重通気工法の大功の家01.jpg
日本のように四季があり多雨多湿な気候の中で、快適な住み心地を得るためには、暑さにも寒さにも湿気にも強い家が求められます。つまり、断熱性と通気性という矛盾した性能を両立させることが必要です。「 外断熱 」と「二重通気」という技術を合わせ持つ「ソーラーサーキットの家」に出会うことができて、この難題を解決してくれました。季節に合わせて家が衣替えができるため、夏さわやかで、冬あたたかい理想の家が誕生したのです。静岡という温暖な地域性を考慮し、より良い快適性を追及して生まれたのが「大功の家」です。


●外断熱・二重通気工法とは
外断熱 」とは、家全体を断熱材で包むことで躯体の断熱性能を高める、冬季に適した技術です。一方、「二重通気」とは、躯体の中に設けた二重の通気層を使って気流をつくることで室内の熱や湿気を調節する、夏季に適した技術です。この二つの技術を融合させた時、大切な役割を果たすのが、床下と小屋裏にそれぞれ設けた開閉ダンパー(小屋裏ファンの場合もあり)です。このダンパーを開けたり閉めたりすることで、室温や湿度を調整します。たとえば夏なら、さわやかな空気が流れ込むようにダンパーを開けます。冬なら暖かい熱が家から逃げないようにダンパーを閉めます。太陽光や風などの自然エネルギーを利用した技術なので、体にも優しく省エネ効果も期待できます。

p02-illust01.gif

parts.gif
p02-illust04.gif

parts.gif
p02-illust05.gif

●外断熱と内断熱の違い
外断熱 は、基礎から壁、屋根の上まで断熱材ですっぽりと覆うことで、家全体を断熱する工法です。気密性が高いため家全体があたためられ、居室だけでなく小屋裏や床下まで有効に使うことができます。室内や壁内の温度差が少ないため、躯体劣化の原因となる結露が発生しにくく、家の長寿命化に貢献します。

真夏の小屋裏の温度
大功建設の 外断熱 の家は、屋根からの「太陽熱の伝わりを抑え、こもった熱は外へ排出するので、熱ごもりをやわらげます。

parts.gif
p03-photo01.gif

◆木造軸組工法の内断熱と外断熱の比較


内断熱工法(充填断熱)

外断熱工法(外張り断熱)

断熱部(壁)

柱と柱の間に充填する(壁の中に断熱する)

柱の外側に張り付ける(壁の中は空洞)

断熱部(屋根)

天井裏に敷き詰める(小屋裏は室外扱い)

垂木の外側に張り付ける(小屋裏は室内扱い)

断熱部(基礎)

床の裏に敷き詰める(床下は室外扱い)

基礎(床下も室内扱い)

断熱材

グラスウール・ロックウール(繊維状断熱材)

ポリスチレンフォーム・ウレタン他(板状断熱材)

普及程度(日本)

圧倒的多数

少数

断熱の連続性

柱や土台などの構造体で途切れる

基礎から屋根まで途切れずすっぽり断熱

壁内通気層

取りにくい(断熱材が詰まっているため)

取りやすい(壁の中が空洞)

気密性能

確保しにくい
(断熱材の室内側で気密層を設ける必要があるが施工が難しい)

確保しやすい
(柱の外側で気密層が取れるため施工しやすい)

蓄熱性能

低い 高い

地中温度利用

不可能(床下が室外扱いのため)

可能
(床下が室内扱いで土間越しに室内に取り込める)

室内温度差

省エネ性

低くなりやすい 高い

施工性

容易 高度な技術が必要


●二重通気の役割
二重通気は、躯体を外装材、断熱材、内装材で三重に包み、それぞれ間にインナーサーキット(内側)とアウターサーキット(外側)と呼ばれる二つの気流の通り道(通気層)を設けるように工夫されています。室内の暑気や湿気を外へ逃がすことで、さわやかな室内環境をつくることができます。

p04-illust02.gif


二重通気の特長は、室温の調整に自然の力をうまく利用するところにあります。家にこもる熱や湿気を、自然の気流が外へ逃がしてくれます。また、二重通気のない一般的な外断熱の家に比べ空調設備に頼ることが少なくなるぶん、体に優しい健康的に過ごせる家といえるかもしれません。もちろん、冷房費のコスト削減にも貢献します。

p04-illust03.gif


ダンパーも外気に接する開口部の一部です。そこから熱が漏れては意味がありません。ダンパーそのものの断熱性・気密性も配慮しています。冬は閉じて冷気の侵入を防ぎ、初夏から秋にかけては開閉することで床下への外気導入口となります。

p04-photo01.jpg


小屋裏の最上部に設置される小屋裏ファンは、熱ごもりがある初夏から秋にかけて運転します。床下ダンパーの開閉と連動させれば、床下から小屋裏までのインナーサーキットの空気の移動をスムーズに行うことができます。

pic_product01.jpgファン本体space5pix.jpgspace5pix.jpgspace5pix.jpgfig_construct01.gif設置イメージspace5pix.jpgspace5pix.jpgspace5pix.jpgpic_parts01.jpgペーパーダクト


●24時間換気システム
空気が入れ替わらない部屋にいると、気分が悪くなるだけでなく、健康にも良くありません。換気の代表的な方法は窓を開けることですが、空調時や外出時などは閉める必要があり、空気の入れ替えを安定して行っているとはいえません。そこで計画的に空気の入れ替えができるように、機械による強制排気とそれにともなう給気誘導を行うことができる第三種換気システム(アルデ排気型換気システム)を取り付けます。居室や寝室には新鮮な空気を取り込み、水まわりなどからは汚れた空気を排出します。換気量は必要に応じて調整することができます。目安として、2時間で家の中の空気が全て入れ替わるような風量で計画します。

parts.gif
p06-photo03.gif


●高性能樹脂サッシ
結露は、あたたかい空気が冷やされることで起こります。壁や窓、床下で発生した結露をそのままにしておくと、水分で気持が悪いだけでなく、カビやダニが発生し、躯体の各部分が劣化してしまいます。大げさに言えば“家が腐る”原因となります。結露を防ぐためには、断熱性を高め、湿気をとどめないことが大切です。エクセルウィンドウは、断熱性と防露性に優れた高性能樹脂サッシです。窓枠に3室の空気層を設けるスリーチャンバー構造を採用することで、枠と障子のスリム化を実現しながら、高い断熱性能を発揮します。

p06-photo05.gif



●ターミメッシュホームシステム(ソーラーサーキットの家のみ施工)
家を土台から崩壊させかねないシロアリ。シロアリによる被害は地震や火事よりも大きいとも言われており、万全の対策が必要です。また、建材からの揮発成分によって体調を崩すシックハウス症候群に対して、ソーラーサーキットの家では室内の換気対策だけでなく床下対策にも配慮しています。シロアリの侵入を防ぎ、分泌物などにも強いステンレスメッシュを、基礎 外断熱 部および侵入の可能性のある部分に隙間なく敷設。シロアリの地中からの侵入を物理的に阻止します。薬剤をまったく使わない工法なので、シックハウスの心配がなく、その効果も長期にわたって続きます(10年保証)。当社は、ターミメッシュフォームシステム特約工事店に認定されています。専門の認定士がおりますのでプロフェッショナルな確実な施工をいたします。

p06-illust06.gif

ターミメッシュフォームシステムについて詳しくはLinkIconコチラをご覧下さい。



●大功の家とソーラーサーキットの仕様比較

大 功 の 家

ソーラーサーキットの家(全て指定部材)

基礎断熱方法

基礎内断熱(ターミメッシュ工事不要)

基礎外断熱(ターミメッシュ工事必要)

サッシ

エクセルシャノンウィンドウ
http://www.excelshanon.co.jp/

指定部材
SCウィンドウ

断熱材

カネライトフォーム
http://www2.kenzai.kaneka.co.jp/kanelite/kanelite/index.html

指定部材
SCフォーム

24時間換気装置

アルデ排気型集中換気システム
http://www.arude.co.jp/system/index.html

アルデ排気型集中換気システム
SC-SV・リフレア

小屋裏換気装置

排気型集中換気システム プラネッツ
http://www.njkk.co.jp/product/ventilation_system/planetz/index.html

SC用小屋裏ファン



○ソーラーサーキットの家について詳しくはLinkIconコチラをご覧下さい。

space3pix.gif

ページの先頭へ

contents.jpg

space3pix.gif
colorbar_red.jpg



colorbar_Green.jpg






colorbar_navy.jpg





colorbar_Green.jpg



colorbar_red.jpg




document.jpg

space1pix.gif
〈資料請求をご希望の方は
外断熱の大功建設 資料請求 カタログ写真
大功の家パンフレットご希望の方は
コチラのフォームより、お気軽に
お問い合わせ下さい。